So-net無料ブログ作成

「処女の泉」/「野いちご」 [*映画]

早稲田松竹_01.jpg

早稲田松竹_02.jpg

4月6日(月)、早稲田松竹
《早稲田松竹クラシックス vol.99 イングマール・ベルイマン監督特集》というテーマで、
『処女の泉』『野いちご』の2本立てを観て来ました。
前記事で書いた美術展(庭美『幻想絶佳:アール・デコと古典主義』)の後に行ったんだけど、
時間が押したため、映画館に着いたのがホント上映開始時間ギリギリで…。
間に合って良かった(^^;

古い映画も、名作と謳われているものは可能な限り観ておきたい。

******************************************




『処女の泉』
監督:イングマール・ベルイマン
1960年/スウェーデン/モノクロ


可憐な少女に起こった悲劇と、残された父親の痛烈な復讐を描いた一作。
黒澤明を敬愛するベルイマン『羅生門』に深い感銘を受け、
その強い影響のもとに誕生した映画としても知られているそうです。

白と黒で彩られた明暗のバランスが絶妙
序盤の空と雲の美しさ馬に乗る少女のシルエット…ハッとさせられました。

16世紀のスウェーデン。豪農テーレの屋敷。
妊娠中の召使いインゲリは、朝の支度の手を止め、異教の神オーディンに祈りを捧げていた。
家の中ではテーレと、敬虔なキリスト教徒のが朝の祈りを捧げている。
寝坊して朝食に遅れた一人娘のカーリンは、
父親のいいつけで教会に寄進するロウソクを届けに行くことに。
母親の心配をよそに、一張羅の晴れ着をまとって上機嫌のカーリン
美しく世間知らずの彼女を妬むインゲリは、
お弁当のサンドイッチにヒキガエルを挟み、ささやかな復讐を試みるのだが…。

******************************************




『野いちご』
監督・脚本:イングマール・ベルイマン
1957年/スウェーデン/モノクロ


タルコフスキーが、オールタイム・ベストとして挙げたうちの一作。
〈野いちご〉とは、青春時代に主人公が味わった失恋の思い出の象徴
生と死、そして家族をテーマに、
夢や追想を織り交ぜつつ、ストーリーは進んでいきます。

妻を亡くし、子供は独立、
そして今は家政婦と二人きりの日々を送る78歳の医師イーサク・ボルイ
長年医学に身を捧げてきた功績が認められて表彰されることになるが、
表彰式に向かう車旅の道程で生家の近くに咲く野いちごを見たことを発端として、
青年期の記憶がありありと甦る。
いつしかイーサク現実の旅の光景と、過去の幻影に満ちた夢の世界を彷徨うようになり…。

ラストの光景が素晴らしい。
救いとか希望とか、いろんな明るいものが目の前でパーッと開けた感じ
観てる私にも「もう大丈夫だよ」って優しく声をかけられたような気がした。

あと、道中で出会う、三人の若者もなんかイイな。
ちょっとおバカなんだけど、気の良い子たちばかりだった。


処女の泉 [DVD]

処女の泉 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD









野いちご [DVD]

野いちご [DVD]

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。