So-net無料ブログ作成
検索選択

今日のつぶやき 2011/07/28 [*Twitterまとめ投稿(〜2013/8/5)]

  • Heri_BeriHeri_Beri今年こそフジロックかサマソニデビュー狙ってたけど…モタモタしてたら既に間に合わずorz 来年こそは〜!07/27 21:38
  • Heri_BeriHeri_Beri今日、本当は弥生&竹久夢二美術館とかポスターハリスギャラリーのエロティシズム・コレクション行きたかったんだけど、最近どーにも気力体力ともに落ち気味で…。でも会期中に絶対行くぞ!07/27 21:52

コメント(0) 

ひとり美術館ハシゴ【08】 [*アート鑑賞]

7月13日(水)は、
国立新美術館松濤美術館に行って来ました。
この日は森美術館サントリー美術館に行った時とは打って変わって超猛暑。
ほんのちょっとの徒歩移動もキツかったなあ。
炎天下で日傘が手放せない一日でした。

*六本木駅へ
 ↓
国立新美術館「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」を観る
ぐるっとパスを利用)
 ↓
*乃木坂駅から千代田線で表参道まで移動。半蔵門線に乗り換えて渋谷駅へ
 ↓
松濤美術館
「チェコ・アニメ もうひとりの巨匠 カレル・ゼマン展 トリック映画の前衛」を観る

…と、今回はこんな感じの流れで2館の展覧会を回りました。


 国立新美術館 
「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展チラシ.jpg

国立新美術館.jpg

『これを見ずに、印象派は語れない。』
やはりコレは押さえておかないと!な企画展ですね。
開催前からいろんなとこで話題になってただけあって、
平日の昼間もかなり混んでました。

アメリカ・ワシントンD.C.に位置し、
12世紀から現代に至るまでの西洋美術コレクション約12万点を所蔵する
世界有数の規模と質を誇る美術館、ワシントン・ナショナル・ギャラリー
今回の企画展では、
同館所蔵の印象派・ポスト印象派作品の中から日本初公開約50点を含む
全83点が紹介されています。

特に気に入ったのは、
フレデリック・バジール「若い女性と牡丹」(1870年)。
牡丹の花を掲げながら、こちらを見つめる黒人女性。
くっきり際立つようなタッチと女性の前に並べられた花々の鮮やかな色が
印象的だったからかな、観る者の目をパッと引く力強さを感じました。
帰宅後、ネット検索で調べてわかったことだけど、
この作品はワシントン・ナショナル・ギャラリーの常設コレクション作品に
指定されている中から貸し出された9点のうちのひとつなんだそうです。
常設コレクション作品「一度に12点までしか貸し出すことができない」という
 暗黙の掟があり、これほどまとまった点数が貸し出されるのは極めて稀とのこと)
ちなみに、チラシやポスターのメイン絵画として取り上げられている
 エドゥアール・マネ「鉄道」(1873年)もこの9点のうちに含まれています

ピエール=オーギュスト・ルノワール「踊り子」(1874年)も良かったな〜。
少女のちょっと緊張したような(?)表情も好きだし、
彼女が身に纏うバレリーナ衣装のスカート部分が背景に溶け込みそうな程柔らかく、
ふんわりとした透明感を感じさせてくれます。

ポール・セザンヌ「水辺にて」(1890年頃)にも惹かれました。
風景の緑の優しさに心がとっても落ち着きます。同時に懐かしい気持ちにも。

あ、それとエドガー・ドガ「ディエ=モナン夫人」(1879年)にまつわる
エピソードが面白かった。
この絵ってドガの友人の義母がモデルなんだけど、
完成品が本人に気に入ってもらえず、受取拒否されちゃったんだって…うーむ。
モデルとなったご本人がその時どんな感想述べたのか気になるわ(笑)。

**************************************

「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」鑑賞後、
国立新美術館の近くにある「Pe'z magic」という
オーガニック・ハンバーガー&サンドイッチのお店でランチしました。

Pe'z magic.jpg

美術館内の飲食エリアはどこも混んでて落ち着けそうになかったけど、
こっちは空いててラッキー♪
店に入ったのが14時近かったから、混雑のピーク過ぎてたのかも。

ここでの食事は今回が初めて。
ハンバーガーとサンドイッチ、どちらにしようか迷ったけど、
ハンバーガープレートの方を注文してみた。
お肉も野菜も付け合わせのくるんと丸まった珍しい形のフレンチフライも
みんな美味しかった〜♪

食後のサービス赤ジソのジュースをいただきました。自家製だって。
こっちも美味しかったです。

**************************************

 松濤美術館 
「チェコ・アニメ もうひとりの巨匠 カレル・ゼマン展 トリック映画の前衛」

カレル・ゼマン展チケット.jpg

松濤美術館.jpg

チェコ・アニメーション創設者のひとりであり、
トリック映画の代表的巨匠でもあるカレル・ゼマン(1910〜1989年)。
伝統的人形劇に想を得た人形アニメーション、
ガラスの立体を使ったコマ撮り、その他様々な仕掛けを駆使しながら、
斬新な映像を創り続けた幻想世界の創造者。

今回の企画展示は日本で初めての回顧展となるそうです。
遺族が所有する原画、作中で使用された人形、絵コンテ、
製作過程の資料、アニメーション作品の上映など、その内容は多岐にわたります。
とても充実度の高い内容で、本当に楽しかったです。

恥ずかしながら、
この企画展のことを知るまで彼についての知識は全くなかったのだけど、
想像力溢れる楽しくて愛らしい作品の数々にすっかり魅了されてしまいました!

閉館時間が17時に変更されていたことをうっかり忘れ
18時までと勘違いしていたため、
鑑賞タイムが予定より短くなってしまって残念…(泣)。
上映作品も全部観きれなかったし
図録やグッズをチェックする時間がなかったのも心残り。
あーあ、ポストカード売ってたら買いたかったなあ。
私の馬鹿〜っ。

コメント(0) 
共通テーマ:アート

今日のつぶやき 2011/07/25 [*Twitterまとめ投稿(〜2013/8/5)]

  • Heri_BeriHeri_BeriPendulumのBrixtonライブDVD、ヘビロテし過ぎにも程があるだろ>私 ビデオテープだったら確実に擦り切れてるわw07/24 23:11

コメント(0) 

ひとり美術館ハシゴ【07】 [*アート鑑賞]

6月27日(月)は、
森美術館サントリー美術館に行って来ました。
この日は雨降りで移動がちょっと大変だった…。

*六本木駅へ
 ↓
森美術館
「フレンチ・ウィンドウ展
 デュシャン賞にみるフランス現代美術の最前線」展を観る
ぐるっとパスを利用)
 ↓
*徒歩で移動
 ↓
サントリー美術館
『開館50周年記念「美を結ぶ。美をひらく。」II
 不滅のシンボル 鳳凰と獅子』展を観る
HP割〈ホームページ限定割引券〉を利用)

…と、今回はこんな感じの流れで2館の展覧会を回りました。


 森美術館 
「フレンチ・ウィンドウ展
デュシャン賞にみるフランス現代美術の最前線」

フレンチ・ウィンドウ展チラシ.jpg

森美術館_01.jpg

フランスで最も権威ある
現代美術コレクター団体「ADIAF」が主催する「マルセル・デュシャン賞」
その10周年を記念し、同賞のグランプリ受賞作家をはじめ、
一部の最終選考作家とデュシャン本人を含む28名の作品が公開されています。

「フレンチ・ウィンドウ展」という展覧会のネーミングは、
フランス窓をモチーフにしたデュシャンの代表作、
「フレッシュ・ウィドウ」にちなんでいるそうです。
「窓」をキーワードにした5部構成で、
それぞれの表題を「デュシャンの窓」「窓からの眺め」「時空の窓」
「こころの窓」「窓の内側」とし、
それらを通じて
フランスの現代アートシーンが一望できる…という趣旨のこの展覧会。
世代も文化背景も異なる作家たちの絵画、彫刻、写真、ビデオ作品が
数多く展示されていました。
絵画メインの企画展とはまた違った感じが新鮮というか面白かった〜。

中でも印象的だったのがローラン・グラッソ「ホーンの視覚」(2009年)。
ただひたすら延々と森(山道だったかな)の中を飛び回るだけの映像なんだけど、
(時々黒い影?鳥?のようなものの大群が目の前を通り過ぎていく)
まるで視聴者自身が飛び回ってるかのような不思議なトリップ感にすっかり病みつき。
席を立つのが惜しくなってしまう、何とも奇妙な数分間だった。
また観たい!

それと、ニコラ・ムーラン
「ノヴォモンド71」「ノヴォモンド4」(いずれも1996-2001年)、
「アスキアタワー」(2006年)、「ブランクルーデルミルク01」(2009年)も
すっごく自分好みで良かった!
SFちっくな静寂感がも〜たまりません。
思わずあの写真?絵?の中に吸い込まれたくなったりして。

鑑賞後は、
森美術館が入っている六本木ヒルズ森タワーの52階にある
東京シティビューの展望台にも寄ってみました。
悪天候で見晴らしは良くなかったけど、
せっかく来たのでとりあえず東京タワー方面をパチリ。
森美術館_02.jpg
…ってタワーほとんど見えないじゃないか(笑)。

それと、ヒルズ敷地内にも
「フレンチ・ウィンドウ展」の作品のひとつとして
グザヴィエ・ヴェイヤン「四輪馬車」(2010年)が出品されていました。
こっちは写真撮影OKらしいので記念にこちらもパチリ。
森美術館_03.jpg

**************************************

 サントリー美術館 
『開館50周年記念「美を結ぶ。美をひらく。」II
不滅のシンボル 鳳凰と獅子』

不滅のシンボル鳳凰と獅子チラシ.jpg

サントリー美術館_01.jpg

サントリー美術館_02.jpg

日本の文化史において、鳳凰獅子は特別な存在です。
鳳凰は、優れた天子が世に現れる兆しとして
古代中国で生み出された空想の鳥であり、
対する獅子は、日本に棲息しないライオンを原型とし、
やはり中国から唐獅子という半ば空想上の動物として伝わりました。

いずれも宗教・儀式や民族・芸能に広く取り込まれ、
それぞれ祝儀にふさわしい高貴なシンボルとして、
繰り返し絵画や工芸の意匠となってきました。
鳳凰獅子の多岐にわたる造形表現は、
日本文化におけるハレの場面と常に密接に関わり合いながら、
その不滅の生命を今に伝えていると言えるでしょう。

この展覧会では、鳳凰獅子という
瑞鳥(ずいちょう:めでたいことの起こる前兆とされる鳥)、
霊獣(れいじゅう:霊妙なけだもの。めでたいしるしとされるけもの)の
イメージの展開に着目します。
(「不滅のシンボル 鳳凰と獅子」チラシの紹介テキストより抜粋)


ここには各時代を代表する鳳凰獅子が一堂に集結。
屈指の名品を鑑賞することで
人々が託した祈りや豊かな空想のはばたきを辿ることが出来ます。

この企画展に足を運ぶ前、
あちこちで「伊藤若冲が凄い!」と聞いていたので
彼の作品を特に楽しみにしていました。

もし会期中の頭に行けたなら、若冲の作品は2点鑑賞できたようだけど、
私が行った日は展示替の後だったためか1作しか観れなくて残念…。
でも、その1作である
「旭日鳳凰図」(1755〈宝暦5〉年)はとても素晴らしく、
1作鑑賞出来ただけでも嬉しい気持ちになりました。
迫ってくるような色彩の鮮やかさに感動!
構図の巧みさも素晴らしいなあ。シロウトながら更に感動!

他の作品では、
歌川広重「獅子の児おとし」(天保中期/19世紀前半)
沈南蘋(しん なんびん)「獅子図」(1758年〈中国・清時代〉)
…も良かったです。

また、
ここでは開館50周年を記念して「美を結ぶ。美をひらく。」シリーズのうち
好きな企画展にひとつだけ入場できるという非売品の招待券を貰いました♪
シリーズの中では、
8月10日から開催予定の「あこがれのヴェネチアン・グラス」展が気になるので
ぜひ行ってみたいな。

**************************************

美術館巡りの後は、前々から行ってみたいなと思ってた
乃木坂の「カフェ・ド・ラペ」でお茶してきました。

お店に辿り着く頃には雨もあがっていて、
店内の窓からみえるしっとりと濡れた緑がまた絵になり…癒されるなあ。

今回はクラシックショコラとコーヒー(ラペ・ブレンド)を注文。
店内は撮影禁止っぽく、ここで写真紹介できないのが残念!

メニューは全体的にお高めなのであんまり頻繁には来れなそうだけど、
たまの贅沢で寄るには最高のステキなカフェでした。

カフェ・ド・ラペ_01.jpg

カフェ・ド・ラペ_02.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:アート

ある日の夕食【43】 [*料理]

夕食_110626.jpg

6月26日(日)の我が家の夕食。
献立は…

豚肉のカレー生姜焼き
*豚肉は筋切りをして下味(生姜汁、酒、カレー粉)をつけてしばらくおく。
 フライパンで両面に焼き色がつくまで焼き、いったん取り出す。
 同じフライパンで、
 タレ(玉ねぎのすりおろし、醤油、酒、生姜汁、カレー粉)を火にかけ、
 火が通ったら、豚肉を戻し入れ、ざっと絡める。
 さっと塩茹でしたもやし&ニラを皿に盛り、その上に焼いた豚肉をのせる。
 つけあわせはベビーリーフと串切りトマト。

にんじん&舞茸の炊飯器ピラフ
*研いだお米、みじん切りにんじん、食べやすい大きさに分けた舞茸、
 コンソメスープ、オリーブ油、胡椒を合わせ、炊飯器で炊く。
 器に盛り、みじん切りパセリをふる。

大根&セロリのスープ
*水とコンソメキューブと短冊切り大根を火にかけ煮立ったら、
 短冊切りセロリ、セロリの葉を加える。
 仕上げにレモン果汁を加え、器に盛り、黒胡椒を少しふる。

きゅうりのオイキムチ
きゅうりは一口大に切る。
 ボウルの中で和えごろも(たらこ、生姜汁、豆板醤、醤油)と一緒に
 混ぜ合わせる。

アルコール類
*夫は缶ビール、私は缶チューハイ。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日のつぶやき 2011/07/20 [*Twitterまとめ投稿(〜2013/8/5)]

  • Heri_BeriHeri_Beri今更ながらiPod touchで使う用Twitterアプリを探し&検討中。いくつか試してみた結果、やっぱりEchofonかTwitBirdかなあ。とりあえずしばらくの間は両方並行で使ってみるか。07/19 00:22

コメント(0) 

今日のつぶやき 2011/07/04 [*Twitterまとめ投稿(〜2013/8/5)]

  • Heri_BeriHeri_Beriこないだ初めて知ったばかりだけど、AudioSurfってゲームが気になる。でもこれってWindowsにしか対応してないのかな…がっくし。すごくやってみたいのに〜。07/03 01:35

コメント(0)