So-net無料ブログ作成
検索選択

「ハンブルク浮世絵コレクション展」 [*アート鑑賞]

ハンブルク浮世絵展チラシ.jpg

11月24日(水)、太田記念美術館で開催中の
「特別展 日独交流150周年記念 ハンブルク浮世絵コレクション展」
行って来ました。

ここの美術館へ行くのは今回が初めて。
ラフォーレ原宿のすぐ近くにこのような浮世絵専門の美術館があったなんて
全然知りませんでした。

太田記念美術館_01.jpg

太田記念美術館_02.jpg

ここでは、
入り口のところで備え付けのスリッパに履き替えなければいけないそうです。
編み上げのブーツとか履いていかなくて良かった…(笑)。

1階の展示室には、
入ってすぐ左手の奥に畳の間、中央には石造りの小さい和の庭園が設置されています。
畳の間に座って掛け軸を鑑賞したり、
庭園の中の縁台に腰掛け、浮世絵の余韻に浸りながらひと休み…なんて楽しみ方も
できるわけですね。
2階の展示室は吹き抜けになっていて、
中央の階段をぐるりと囲むように作品が展示されています。

美術館って、それぞれ特色があって面白いなあ。

展示会はI期II期III期に分けられていて、私が行った日はIII期にあたります。
1時間程かけて鑑賞を楽しんできました。

ドイツでも有数の博物館として知られるハンブルク美術工芸博物館には、
浮世絵も数多く収蔵されているそうです。
さらに近年、
ハンブルクのコレクター、故ゲルハルト・シャック氏の浮世絵コレクション
氏の遺言によって同館に遺贈されました。
シャック氏は代々の資産家で、
ほとんど自宅から出ることなく、その生涯を浮世絵収集と研究にささげ、
膨大なコレクションを築きあげた人物なのだとか。
『浮世絵オタク』なんて言ってしまうと、軽々しくて失礼にあたるでしょうか…?
でも、これほどマニアックな生き方で人生を終えたなんてスゴ過ぎる…。

今年は日独交流150周年の年。
これを記念して同館所蔵の5000点を超える浮世絵作品の中から
約200点ほどの世界的コレクションが里帰り。

春信歌麿写楽北斎広重といった有名な人気絵師たちの作品が楽しめるのはもちろんのこと、稀少な摺物(高級な紙と絵の具、入念な彫りと摺り。もともと売品ではないので制作数が非常に少なかったそうです)、版下絵(版画の版木を彫るために描かれた墨一色の下絵)、校合摺(きょうごうずり:彫り上げた版木を必要な色板の枚数分だけ摺って複写したもの。これに絵師が色を指定していく)、画稿(絵の下描き)、版木といった、浮世絵制作の当時の様子がうかがえる珍しい資料も見ることができます。

自分はDTPで印刷物を制作する仕事しているので、(やり方も内容も全く違うけど)今回みたいに美しい多色刷り作品や制作過程の様子を見るというのは、なかなか勉強になります。

展示作品の中で特に気に入ったのは…
【I 優品にみる浮世絵の展開 4.多彩な幕末の浮世絵】より
鳥居清峯「今様五人囃」(文化期〈1804〜1818年〉)
大判錦絵五枚続。
満開の桜の花の下、桜模様が入った紫の振り袖を着ている五人の娘たちがそれぞれの楽器(謡、笛、小鼓、大鼓、太鼓)を演奏している様子が描かれている。色合いが綺麗。

歌川広重「江戸高名会亭尽 木母寺雪見」(天保後期〈1835〜1842年〉頃)
横大判錦絵。
青色を基調とした色彩。これも色が綺麗だったなあ。

歌川広重「名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣」(安政4〈1857〉年11月)
大判錦絵。
吉原の妓楼の二階(?)から外を眺める猫。

歌川国芳「山海愛度図会 ヲゝいたい 越中滑川大蛸」(嘉永5〈1852〉年8月)
大判錦絵。
猫と戯れる女性。

【II 稀少な摺物と絵暦】より
渓斎英泉「二美人」(文政〜天保〈1818〜1836年〉)
色紙判摺物。
揃いの着物を着ている女性が二人。文政13年に流行したお伊勢参りの道中?

歌川国貞「七代目市川団十郎と初代市川鰕十郎」(文政4〈1821〉年)
色紙判摺物。
赤色が映えていて、勇ましくカッコいい!

【III 美麗な浮世絵の版本】より
喜多川歌麿「銀世界」(寛政2〈1790〉年刊)
折本一帖。

【IV 肉筆画と画稿、版下絵】より
歌川国麿「源氏絵 弥生の節句(版下絵)」(嘉永2〜4〈1849〜1851〉年)
大判三枚続版下絵。
構図に惹かれました。一部欠損あり。

************************

鑑賞後、美術館の地下に手拭いのお店「かまわぬ」を発見!
お店の名前はずっと前から聞いたことあって、
何となく気にはなってたんだけど、ココにあったのね。知らなかった!

まず看板が可愛かったので、すかさずデジカメ撮影。

かまわぬ_ 看板.jpg

鎌の絵、輪っか、に続いて平仮名の「ぬ」で「かまわぬ」か。
なかなかお茶目ですねえ。

店内のレイアウトも可愛い!
こじんまりとしていて、雰囲気良かったです。
クリスマスやお正月をイメージした飾り付けも
思わず真似したくなってしまいます。

せっかく来たので、自分用のお土産に「手拭しずくよけ」を購入。
吸水性が良く、すぐに乾く手拭いを使用したペットボトルカバー。
冷えた飲み物から出てしまう水滴を吸い取り、
机の上や鞄の中が濡れるのを防いでくれます。
形のデザインは瓶の風呂敷包みをイメージしているそうです。

種類がいくつかあって迷ったけど、
金魚と水草の絵柄入りタイプを選んでみた。

早速、使ってみるとこんな感じ。

かまわぬ_しずくよけ_500ml.jpg
500mlの場合

かまわぬ_しずくよけ_275ml.jpg
275mlの場合

ペットボトルの大きさに応じて、折り返して使うことも可能。
次の仕事始まったら、持って行こっと♪

この後、渋谷へ移動して
映画「ドアーズ/まぼろしの世界」を観て来ました。
その時の感想etc. は次回の記事でアップしようと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ある日の夕食【23】 [*料理]

夕食_101121.jpg

11月21日(日)の我が家の夕食。
献立は…

ミートソーススパゲティ
*具材は牛豚合挽肉、野菜みじん切り(にんにく、玉ねぎ、にんじん、椎茸)。
 オリーブ油でにんにく、玉ねぎ、挽肉、にんじん&椎茸の順に炒める。
 缶詰のカットトマト、固形コンソメ、ケチャップ、とんかつソース、
 胡椒、ナツメグをあわせ、ローリエと一緒に煮込む。
 茹でたパスタにオリーブ油を絡める。
 パスタの上にミートソースを盛り、粉チーズとパセリのみじん切りを振る。

サラダ
*小さめのフルーツトマトのスライス、クリームチーズ入りモッツァレラチーズを
 交互に並べ、ブラックオリーブのスライスと水菜を添える。
 食べる直前にバジルドレッシング(市販もの)をかける。
 チーズは最初、フレッシュタイプのモッツァレラを使うつもりだったけど、
 スーパー行ったら売り切れてて、急遽6ピースカットのもので代用。
 コレはコレで美味しかったと思う。

10種類の野菜入りクリームスープ
*スープは市販のものを温めただけ(手抜き…)。
 仕上げにクルトンとザク切りにした茹でブロッコリーをトッピング。

アルコール
*夫は缶発泡酒、私は缶チューハイ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ひとり美術館ハシゴ [*アート鑑賞]

ふと、ぐるっとパスの有効期限日が間近であることに気づく。
せっかく購入したのだから
1館でも多く消化せねば(←ただの貧乏性!?)もったいない!と
一日で美術館を4館巡るという計画を立ててみました。

大抵の美術館は月曜休館なので、
ちょうど期限切れ日となる11月16日(火)に決行。
(土日祝はNG。仕事のない平日で行ける日がこの日しかなかった)

*最初はJR山手線で恵比寿駅へ
 ↓
山種美術館「日本美術院の画家たち」展を観る
 ↓
*恵比寿駅から日比谷線で神谷町駅へ移動
 ↓
大倉集古館「マイセン 西洋磁器の誕生」展を観る
 ↓
*溜池山王駅から銀座線で三越前駅へ移動
 ↓
三井記念美術館「円山応挙」展を観る
 ↓
*徒歩で移動
 ↓
ブリヂストン美術館「セーヌの流れに沿って」展を観る

…と、大体こんな感じで順番と経路を決めて出発。
(寝坊&支度が遅れて)JR恵比寿駅に到着したのは10:30頃。
まずは1館目の山種美術館へ。

ところが、
しょっぱなからアクシデント(…って自分がやらかしただけ)発生!
駒沢通りの方角を思いっきり間違えて、最初は中目黒方面へ、
次はうっかり明治通りに入り広尾五丁目まで行ってしまった〜!!
広尾五丁目の交番でお巡りさんに尋ねて慌てて引き返す。
2回も道を間違え、結局1時間半近くもウロついてしまい…バカ過ぎる(汗)。
この時点で既に足痛い(笑)。


 ■ 山種美術館 
「日本美術院の画家たち—横山大観から平山郁夫まで」展

日本美術院の画家たちチラシ.jpg

明治、大正、昭和、平成にかけて活躍した
日本美術院展の画家達による作品の数々を鑑賞。
ひとつひとつの作品が大きいため計60点程と展示数は少ないのだけど、
風景画や人物画だけでなく、
腑分(ふわけ:死体解剖)を題材にした作品もあり興味深かったです。

墨1色しか使われてないのに表現の豊かさに驚かされたり、
抑えた色彩で静謐さやしみじみとした味わいを感じさせてくれたり、
濃密&多彩な色使いと華やかさに心躍らされたり…と、
画家ごと作品ごとに違った個性の競演を自分なりに楽しめたかなと思います。

特に気に入ったのは、
菱田春草「月四題のうち 秋」(1909-1910〈明治42-43〉年)
小茂田青樹「春庭」(1918〈大正7〉年)
後藤純男「淙想」(1969〈昭和44〉年)
・・・・・・・・・・
恵比寿は滅多に行かない街なので、
洒落たお店でも見つけたらランチしようかと思ってたけど、
なんか焦っちゃって(笑)、そのまま2館目へ移動。

**************************************

■ 大倉集古館 
「マイセン 西洋磁器の誕生」展

マイセン展チラシ.jpg

大倉集古館_01.jpg

大倉集古館_02.jpg

大倉集古館_03.jpg

ヨーロッパで最初の磁器を誕生させたマイセン工房の創立300周年を記念して
開催された企画展。今回は18世紀の名作に絞って公開されています。
個人的な好みだけでいえば、
マイセンの食器は絵柄も色使いもとりわけ大好きというわけではないのだけど、
マイセンファンの方がいらしたらごめんなさい)
金色をふんだんにあしらい華美を極めんばかりな
ティー(またはディナー、デザート)サーヴィスセットには只々見蕩れるばかり。
緻密に作り上げられた装飾も見事でした。
普段の生活では決してお目にかかれないゴージャスな芸術品(食器たち)を
じっくり堪能できるのはやっぱり貴重な体験だと思います。
西洋と東洋のコラボって面白い!

大倉集古館に所蔵されている、
日本をはじめとした東洋各地域の重要美術品を鑑賞できたのもよかったです。

**************************************

■ 三井記念美術館 
「円山応挙—空間の創造」展

円山応挙チラシ.jpg

三井記念美術館.jpg

平日なのに混んでたな〜。
非常に人気の高い展示会なんですね。観れてよかった。
眼鏡絵とか全く知識のない私ですが、最後の部屋に展示されていた
「応挙二大最高傑作—松の競演」
(国宝「雪松図屏風」、重要文化財「松に孔雀図襖」)
素晴らしくて感激しました。
・・・・・・・・・・
鑑賞後は併設のミュージアムカフェで一休み。
シンプルな内装で落ち着きます。
ここでは珈琲とフォンダンショコラのセットをいただきました。
フォンダンショコラって多分初めて食べたかも。
中からトロリとあったかいチョコレートが溶け出て美味かった!
コーヒーとチョコの組み合わせってやっぱり好きだあ。

**************************************

■ ブリヂストン美術館 
「セーヌの流れに沿って 印象派と日本人画家たちの旅」展

セーヌの流れに沿ってチラシ.jpg

ブリヂストン美術館.jpg

パリを東西に流れるセーヌ川流域を5つの地域に分け、
それらを描いた印象派の作品を中心に、日本人画家たちの滞仏作も含めた
19世紀半ばから20世紀にかけての作品群が展示されています。

風景画はやっぱり眺めているだけでゆったりと落ち着きますね。
私が行った時は、ちょうど人がまばらで。
静かにじっくりと観ることが出来てよかったです。
これがもし大混雑の会場で、
人混みと雑音の中で観ていたら感想変わっちゃってたかも…。
作品数も多く、コレクション展示も充実していて大満足の展示会でした。

特に気に入ったのは、
児島虎次郎「岸の森」(1908年)
マルク・シャガール「河のほとり」(1973年)
シャルル=フランソワ・ドービニー「アンドレズィの夕暮れ」(1867年)
カミーユ・コロー「オンフルールのトゥータン農場」(1845年頃)

また、コレクション展示作品の中では、
国吉康雄「夢」(1922年)
…が印象的でした。

**************************************

どの美術館・展示会もそれぞれの良さ・見応えがあり、
頑張って行って良かった!!と大変有意義な一日ではあったけど、
足の方がもう痛くて痛くて…。
帰宅する頃には完全なボンレスハム状態に(笑)。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

「きらめく装いの美 香水瓶の世界」展 [*アート鑑賞]

香水瓶の世界チラシ.jpg

 

11月15日(月)、東京都庭園美術館で開催中の

「きらめく装いの美 香水瓶の世界」展へ行って来ました。


行ったのは平日の午後で、

そんなに混んでないだろーとタカをくくってたけれど、

思っていたより人が多く、この企画展の人気ぶりを改めて確認。

来場者のほとんどは、やっぱり女性の方メインでした。


普段は香水とは全く縁のない生活を送っている私。

でも、美しく華やかにきらめくコレクションの数々を眺めていると

ついついウットリしちゃいます。女心をくすぐるというか。

手の内におさまる、まさに小さな芸術品ですね


また、瓶だけでなく、

パッケージやポスター、ラベルなども展示されていて、

これらのデザインも洒落ていました。


ちなみに庭園美術館に来るのは今回で2回目です。

内装の素晴らしさは何度見ても溜め息もの…。


宝石のように美しく装飾された香水瓶は、

アール・デコ様式の邸宅にも素敵にマッチ。またもウットリ。

贅沢な空間と時間をたっぷり味わえました。


今回の展示作品の中で特に惹かれたのは…

●デラックス香水瓶《ディオリッシモ》

 1956年(香水製作年:1956年)

 デザイン:クリスチャン・シャルル/バカラ社製/クリスチャン・ディオール社

 透明クリスタル、金メッキ


それと、ラリック限定版として製作された、

●香水瓶《ソンジュ(夢)》

 2005年、透明クリスタル


●香水瓶《ジュール・エ・ニュイ(昼と夜)》

 1999年、透明クリスタル


…も素敵でした。

上記のものに限らず、20世紀以降の作品はネーミングもよかったなあ。


観賞後は、庭園内を軽く散策(雨降ってたので)。

ミュージアムショップを見て回り、

最後は併設のカフェレストラン「Cafe 茶酒(サーシャ)kanetanaka」

温かいお茶(サーシャ風抹茶)をいただいて帰って来ました。


次回は「朝香宮のグランドツアー」(建物公開展/12月11日〜)が開催されるそうです。

この企画展では、館内の写真撮影もOKなので今からとっても楽しみ!

絶対行くぞ!!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ある日の夕食【22】 [*料理]

夕食_101114.jpg

11月14日(日)の我が家の夕食。
献立は…

●すき焼き
*牛肩ロース肉、焼き豆腐、長ネギ、ゴボウ、椎茸、春菊、しらたき。
 牛脂を熱して溶かし、具材を並べ、割下を注いで煮る。
 割りほぐした卵をつけて食べる。

●冷やしトマト
*付け合わせにマヨネーズ&かいわれ大根。

●かぶ&きゅうりの浅漬け
*市販品。

●ご飯
*雑穀を混ぜて炊いたもの。

●味噌汁
*具はわかめ&大根&小ねぎの小口切り。

●アルコール
*夫は缶発泡酒、私は缶チューハイ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語」 [*映画]

約束の葡萄畑公式サイト配布壁紙.jpg

 

11月12日(金)、渋谷・Bunkamuraル・シネマ

「約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語」を観て来ました。


映画鑑賞の前に、

まずはBunkamuraのB1ガーデンフロアにある

ドゥ マゴ パリのテラス席でランチ。

ここで食事をするのは今回が初めて。

ランチメニューは思ったよりリーズナブルなのが嬉しいです。

平日ということもあってか、人もまばら。

ゆったり気分で楽しめました。


さてさて、今回の「約束の葡萄畑」

監督さんについても俳優さんについてもほとんど知識がなく、

たまたま手にしたチラシの色づかいや写真がキレイだったこと、

また、ワインと天使に絡めたラブストーリーという設定に

なんとなく心くすぐられたから…

というひたすら単純な理由だけで鑑賞にのぞんできたわけですが、

なかなか味わいのある作品で良かったです。


『ワイン界の皇帝とも称される良質のワインを産出するブルゴーニュ地方の葡萄農園で、

自身の理想のワインを造るべく野心を燃やす農夫ソブラン。

ある夜、謎めいた天使との出逢いにより彼の運命は決定づけられることになる。

美しく情熱的なセレストとの結婚、そして誇り高く知的な男爵夫人オーロラとの禁断の愛…。

これはワイン造りをめぐる究極の物語であるとともに、

ひとりの男と彼を取り巻く女性たちと、

そこに現れた天使が織りなす30年間にわたる濃厚なラブストーリーである。』

(※チラシに記載されている紹介テキストより)


普段はアルコールというと缶チューハイばっかりな私。

けど、この映画を観るとワインを飲みたくなりますねえ。


派手な演出やどんでん返しな展開があるわけでもなく、

淡々と進んでいくストーリー

途中途中に挟まれる官能的な絡み描写がアクセント。

いや~どのシーンもなかなかエロかったです。


天使・ザス役をつとめたギャスパー・ウリエルの美しいヴィジュアルと低音ボイスも良かったですが、主人公である農夫ソブラン(ジェレミー・レニエ)の野性的&情熱的な男くささの方が個人的には好みですた。


また映画だけではなく、

ランチを済ませてル・シネマに向かう前に立ち寄った

1階のBunkamuraギャラリーで開催中(会期は11月6日~11月15日)の

「CODE:EROTICA―背徳者たちが誘う、聖なる禁断の世界へ―」展も良かったです。

こちらは入場無料♪

期せずして、

ハンス・ベルメール四谷シモンビアズリー丸尾末広宇野亜喜良などの

作品を鑑賞できたのもこの日の収穫でした。


映画鑑賞の後は、Bunkamuraのすぐそばにある

SHOTO CAFE~松涛カフェ~でお茶&お喋りタイム。

ここのお店も今回が初めて。

松涛ケーキ プレーン(ふわふわのシフォンケーキ。デカイ!)のキャラメルソースがけと

アールグレイのアイスティーをいただきました。

美味しかった!

お店のインテリアはすごく可愛いし、店員のお兄さんも気さくで明るいお方。

好感持てます。また来たいなあ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

今日のつぶやき 2010/11/01 [*Twitterまとめ投稿(〜2013/8/5)]

  • Heri_BeriHeri_Beri野沢那智さんの訃報を知る。素敵な声優さんのひとりだったので、本当に残念に思う。コブラの声好きだった。ご冥福をお祈りいたします。

nice!(0)  コメント(0)