So-net無料ブログ作成
検索選択

「バルビゾンからの贈りもの」展 [*アート鑑賞]

バルビゾンからの贈りものチラシ.jpg

 

10月29日(金)、府中市美術館で開催中の

「バルビゾンからの贈りもの 至高なる風景の輝き」展に行ってきました。


前回の記事でアップした「エミール・ガレの陶芸」展を観賞後、

京王線で東府中へ。

駅前からバスも出ているそうだけど、運動も兼ねて今回は徒歩で。

初めて訪れる場所ということもあって、

府中美術館のある府中の森公園の中でちょっと迷ってしまった。

とりあえず、目的地になんとか到着。


府中市美術館_01.jpg

 

こちらの美術館でも「ぐるっとパス」の利用が可能。

入場料800円のところを640円で鑑賞することが出来ました。


『バルビゾンの森に差し込む光は、

 夕景の美とともに

 武蔵野に「いのち」の輝きと

 光に満ちた彩りの実りをもたらした。


今から150年程前、フランス・フォンテーヌブローの森に隣接するバルビゾンという小さな村にルソーミレーなどの画家達が集まりました。

自然に感謝し、尊敬し、その美しさに向き合い、また自然と人間本来の生き方を見つめること。そして、静かな夜、燃え落ちる夕陽、自然への敬虔なる祈りを込めて描き続けること。

彼らはやがてバルビゾン派と称されるようになりました。


そして、日本では明治の洋画家達がアントニオ・フォンタネージ(イタリアの画家)から自然主義を学びました。

バルビゾン派という自然主義絵画を紹介された彼ら青年画家達は、水を得た魚のように、府中を含む武蔵野を舞台に各地を写生し、写実力を磨き、わたし達の身近な大地「武蔵野」の美しさを描き続け、日本の近代風景画の基礎を築いていったのだそうです。


今回の企画展は、自然の輝きとともに絵の持つ美しさを感じ、風景画散策を楽しむ、そんな展覧会です。


(※上記の文は、展覧会パンフを元に抜粋して書いています)


約120点の作品を1時間半程かけて楽しみました。

中でも気に入ったのは…

●コロー、ジャン=バティスト=カミーユ「夜明け」(制作年不詳)

●ディアズ・ド・ラ・ベーニャ、ナルシッス=ヴィルジール

 「水浴する女達」(1867年)

●ジャック、シャルル=エミール「森はずれの羊飼いの少女」(1870-1880年頃)

●久米桂一郎「晩秋」(1892〈明治25〉年)

●石井柏亭「牡丹」(1927〈昭和2〉年)


自然の美しさがメインテーマの展覧会ということもあって、

心がほっと落ち着く絵画ばかり。

実りの秋にぴったりの鑑賞タイムを過ごしました。


府中市美術館_02.jpg

ちなみに美術館を出た後、
東府中駅へ向かって公園の中を抜けていったつもりが、また道を間違えて、
来る時よりさらに迷って時間を食うというマヌケぶりをかましてしまいました。
ちゃんと地図確認しながら歩いてたハズなのに、どうやら途中で勘違いした模様。
17時を回り、辺りはすっかり暗くなっていたのでちょっと怖かった…。
次に来る時は大丈夫かなあ(笑)。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

「エミール・ガレの陶芸」展 [*アート鑑賞]

エミール・ガレの陶芸チラシ.jpg

 

10月29日(金)、八王子市夢美術館で開催中の

「エミール・ガレの陶芸―日本への憧れ」展に行ってきました。


これまではエミール・ガレ作品というと、

ガラス工芸ランプくらいしか知らなかったのですが、

陶芸にも関心を示し

多くの陶芸作品を残していたことを初めて知りました。


また、彼は日本美術も愛していたそうで、

この企画展では、

日本的、東洋的な影響をみることができる陶器を中心に

約50点の作品が紹介されています。


正直、ガラス工芸品やランプほどの強烈な魅力は感じられませんでしたが、

(↑あくまで私の勝手な好みからいえば…です)

技巧の細やかさはとても素晴らしかったです。


作品の中には、

なんと「位牌」の形を模した花器(だったと思う)までありました。

日本人にしてみたら不謹慎なこときわまりないだろうけど、

ガレは、あの形から何かしらの造形美を見い出したのでしょうか?


展示品の中では「シャポーシノワ型卓上ランプ(梅文)」が素敵でした。

やっぱり彼の作るランプは憧れるなあ。

照明を落とした部屋の中でこのランプの光を眺めながら、

コーヒーや紅茶をいただけたら…なーんて想像をしながら鑑賞。

お酒もいいよね。


飾り棚や小机なども3点ほど展示されていました。

ここでも手仕事の細やかさが随所に見られます。曲線が美しいです。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

国際子ども図書館&国立西洋美術館へ [*アート鑑賞]

国立西洋美術館&国際子ども図書館パンフ.jpg

 

1022日(金)、

上野にある国際子ども図書館国立西洋美術館に行ってきました。

上野に着く頃には既に16時半近かったので、

まずは先に17時で閉館する国際子ども図書館の方へ。


国際子ども図書館_01.jpg

 

国際子ども図書館

30分弱しかいられなかったけど、イイなあ、ココは。

ルネサンス様式を取り入れた明治期洋風建築の代表作のひとつなのだそう。

外観はもちろん、内装もとにかく素晴らしい。

階段や照明のつくりひとつを取っても絵になります。

閉館まぎわで人もほとんどいなかったので、

館内はひっそりと落ち着いてました。

土日の昼間はもっと違った雰囲気なんだろうな。

静かな照明をぼんやり眺めながら、なんとなく得した気分に。


国際子ども図書館_02.jpg

国際子ども図書館_03.jpg

国際子ども図書館_04.jpg

 

ちょうど今年2010年は開館10周年及び国民読書年ということで、その記念として「絵本の黄金時代 1920~1930年代―子どもたちに託された伝言」展を開催中。

大人の自分も思わず心くすぐられる素敵な絵本の数々にワクワク。

時間切れでじっくり見れなかったのが本当に残念だ~。

展示期間は来年2月6日までだそうなので、またぜひ来よう。

今度は時間作ってゆっくり鑑賞するぞ!


***************************


子ども図書館を出て、次は国立西洋美術館へ。

ここは毎週金曜日のみ夜の20時まで鑑賞OKなのが嬉しい。


まずは前庭にずっしりと構えるオーギュスト・ロダン「地獄の門」

深い絶望、恐怖の門。

夕方から夜にかけ段々と暗くなる空の下でじっと見つめていると、何ともいえない重厚さを感じます。ブロンズの独特な輝き、色味、質感にもひとつひとつ意味が込められているかのような迫力。圧倒されました。

ここに来たのが遅い時間帯でかえってラッキーだったかも(地獄の門に対してラッキーって書き方はおかしいけどね)。


国立西洋美術館.jpg

 

こちらの美術館も「ぐるっとパス」の利用が可能。

常設展(ルネサンス以降の西洋美術の流れを幅広く概観できるコレクション展示)を無料で楽しむことができました。


入り口でもらった展示品リストにざっと目を通す。

す、すごい! 作品数の多さにビックリ!!

鑑賞にはたっぷり2時間ほどかかったけど、

美術素人ながら、その質と量の充実ぶりに大満足でした。


西欧の中世後期から18世紀末頃までに活躍した作家達(オールドマスター)の作品。

ミレー、モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホなど19世紀から20世紀初頭にかけてのフランス美術史を代表する画家達の作品。

先述のロダンのその他の彫刻作品群。

エルンスト、ミロ、ピカソなど新しい視点・多様性を教えてくれた20世紀の画家達の作品。


いや~、無料でこれだけ魅力的な作品の数々を拝めるとはありがたや。

ここもまた絶対に来たいです!


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

今日のつぶやき 2010/10/28 [*Twitterまとめ投稿(〜2013/8/5)]

  • Heri_BeriHeri_Beri今更ながらよしながふみの「西洋骨董洋菓子店」にプチハマリ中。巷では「大奥」「きのう何食べた?」の方が盛り上がってるんだろうけど。昔、ドラマ版の方は観てた。あっちはストーリーとかキャラのイメージ&性格づけ結構アレンジされてたのね。ドラマはドラマで面白かったけど、原作の方が好きかも。

nice!(1)  コメント(2) 

「ウフィツィ美術館 自画像コレクション」展 [*アート鑑賞]

ウフィツィ美術館チラシ.jpg

 

10月21日(木)、新宿・損保ジャパン東郷青児美術館で開催中の『ウフィツィ美術館 自画像コレクション―巨匠たちの「秘めた素顔」1664-2010』展に行ってきました。

前回アップした「バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン」展の後に行ったので、会場に着いたのは15時半過ぎ。


こちらの会場では「ぐるっとパス」の利用が可能。観覧料1,000円のところ800円で鑑賞することができました。ありがたいっす。


「ルネサンスを生んだ花の都フィレンツェから、その核心をなすウフィツィ美術館の心臓部ともいうべき「自画像コレクション」を日本で初めて紹介する」…という趣旨の展覧会。


「ヴァティカンのサン・ピエトロ広場を設計したベルニーニ、マリー・アントワネットの肖像画家ル・ブラン、輝くような美女を描いたアングルからシャガールや未来派まで、近代ヨーロッパ最古の美術館ならではの伝統と革新性をあわせもつラインナップで約60名の素顔を一同に展示。華やかな活躍のかげに秘められた芸術家たちの思いにふれてみませんか」…というパンフレットの紹介文にあるように、様々な画家たちの自画像にスポットが当てられています。


中でも気に入ったのは…


●ニコラ・ファン・ハウブラーケン「花輪のなかの自画像(?)」(1720年頃)

 花輪の中からひょっこり顔を覗かせるという遊び心(?)と

 色使いの綺麗さに惹かれます。


それと、今回の展覧会パンフのメイン絵画としても登場している、

マリー=ルイーズ=エリザベート・ヴィジェ=ル・ブラン

「マリー・アントワネットの肖像を描くヴィジェ=ル・ブラン」(1790年)

 透き通っている感じのタッチが素敵だなあ。


ローザ・ボヌール(?)「自画像(?)」(1860-1865年)

 凛とした表情の女性が肩越しに振り返っている。気品を感じます。


他にも、モーリス・ドニ(6月に行ったBunkamura「語りかける風景」展でみた「内なる光」が気に入ってた)、ジョルジョ・デ・キリコ(好き!)などの自画像がありました。


最後にこの会場の収蔵品である

東郷青児モーゼスセザンヌゴッホ(ひまわり)ゴーギャンの作品を鑑賞。

東郷青児「望郷」(1959年)とモーゼス「丘の秋」(1954年)がいいなあ。


自画像だけにテーマを絞った展覧会というのも面白いですね。

なかなか見応えありました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

「バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン」展 [*アート鑑賞]

バウハウス_01.jpg

 

10月21日(木)、汐留ミュージアムで開催中の

「バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン」展に行ってきました。


20世紀初めにドイツで設立された美術・建築学校「バウハウス」より提案されたライフスタイル、特にキッチン関連の作品にスポットを当てる…という趣旨の展覧会です。


特に詳しい知識があるわけではないのですが、

ドイツ文化に興味あり、機能美重視のデザイン好き、キッチンツールも好き、

ついでに英国バンドBauhausの曲も好き(最後のひとつは関係ないな…笑)な

自分にとってはどの作品も見応え十分、とても楽しい作品展でした。


食器類や調理器具、キッチンのインテリアはもちろんのこと、

当時のバウハウスの学生証、授業用素材といった

学生向けの細かいアイテムまでもが、まさに自分好みのセンスで…。


スッキリと洗練されていて尚かつ飽きの来ないデザイン、

ますますファンになりました!


ちなみに、会場内での写真撮影は基本的にはNGですが、

マイスターキッチンの再現展示エリアのみは撮影OKだそうです。

こういうキッチン、憧れるなあ


バウハウス_05.jpg

バウハウス_06.jpg

バウハウス_04.jpg

バウハウス_03.jpg

バウハウス_02.jpg


併設の「ルオーギャラリー」も良かったです。

独特の色彩が素晴らしい。


また、受付でチケットを購入した時、

このミュージアムの入っているビルの2階にあるティーラウンジで

ドリンクを200円引きでいただけるという引換券も一緒にもらいました。

鑑賞後はこちらのラウンジで一休み。


バウハウス_08.jpg

あいにくの雨降りでしたが、
ここの企画展を訪れるのは今回が初めてだったので、周辺の写真も撮ってきました。

バウハウス_07.jpg

下の写真3点は旧新橋停車場

1872年に日本初の鉄道開業駅として誕生した駅舎の外観とホームの一部を

再現したものだそうです。

高層ビルが立ち並ぶ中、

こんなモダンで洒落た外観の建物がひっそり佇んでいる様子はなんとも不思議な感じ。


バウハウス_10.jpg

バウハウス_09.jpg

バウハウス_11.jpg

▼パナソニック電工 汐留ミュージアム・企画展情報

 「バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン」展紹介ページ

http://panasonic-denko.co.jp/corp/museum/exhibition/10/100918/index.html


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

「時計じかけのオレンジ」 [*映画]

2010年9月12日、レンタルDVDで鑑賞。


タイトルだけはずっと前から知っていたけど、

観たのは今回が初めて。


私、今までずっと純粋なSF映画だと思い込んでいました。

いざフタを開けてみたら、

めちゃくちゃ社会風刺の効いた人間ドラマだったんですね。

あのラストは皮肉というか

なかなか考えさせられるものがあります。


主人公・アレックスの例の治療シーンを

もう一度正視する勇気はないけれど、

冒頭のミルク・バーやその他のシーンで見られる

数々の室内装飾のセンスは大好きです。


確かにこれは好き嫌いがハッキリ別れる作品だなあ。

でも、自分は観ておいて良かったと思うです。


時計じかけのオレンジ [DVD]

時計じかけのオレンジ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ファントム・オブ・パラダイス」(再見) [*映画]

2010年9月10日、レンタルDVDで鑑賞。


映画鑑賞も好きだけど、

どっぷりハマりまくる時とそうでない時の差が割と激しいため、

実際観てきた本数トータルはまだまだ少ない。


そんな自分が今まで観たことある中で

たぶん一番好きな映画がこの「ファントム・オブ・パラダイス」

久しぶりにまた観たくなって、DVDレンタルしてきました。


一番最初にこれを観たいと思ったきっかけは、

故・山田花子さんの漫画『嘆きの天使』(1990年・青林堂)を

学生時代に読んだことから。

同作品に収録されている「続・運命の囚人」の中で

ポール・ウィリアムズ「The Hell of it」(エンドロール曲)の

歌詞が抜粋されています。



何の取り柄も無く

人にも好かれないなら死んじまえ

悪いことは言わない

グッドバイ


生きたところで負け犬

死ねば音楽くらいは残る

お前が死ねばみんな喜ぶ


ダラダラと

いつまでも生き続けるより

思いきりよく燃え尽きよう


生きるなんてどうせくだらない

(注:ここに載せた歌詞は部分的に抜粋してあります)



この歌詞を読んで、当時ものすごく衝撃受けました。

一体どんな映画なんだろうって。

ソッコーでレンタル屋に走ってビデオ借りました。


打算と滑稽さと狂騒の果てに見えるもの。

クレイジーなのに悲哀漂う。切ない!

トチ狂い気味のオカマロッカー・ビーフ、カッコいい!

音楽も良い!

一番好きなのは先のエンドロール曲「The Hell of it」だけど、

(↑曲は軽快なのに歌詞が陰鬱なところがジワジワくる)

序盤のウィンスロー主人公)弾き語りによる「Faust」最高!

アンデッズの「Somebody Super Like You」最高!

他の曲も大好きだ!!


ちなみにファントム(ウィンスロー)のマスクは、

漫画「ベルセルク」の登場人物・闇の翼フェムトがかぶっていた

兜(?)のモデルになっていることでも有名ですね。


▼Paul Williams「The Hell of it」

(From ; Phantom of the Paradise)


ファントム・オブ・パラダイス [DVD]

ファントム・オブ・パラダイス [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

今日のつぶやき 2010/10/22 [*Twitterまとめ投稿(〜2013/8/5)]

  • Heri_BeriHeri_Beriぎゃ!国立新美術館で開催してた「陰影礼讃」展。コレは良さそう、ぜひ行かねばと思ってたのにチラシをよくよく見直したら10/18で終了してた…。ああああ私の馬鹿ぁぁぁっっっ!!

nice!(0)  コメント(0) 

ある日の夕食【21】 [*料理]

夕食_101017.jpg

10月17日(日)の我が家の夕食。
献立は…

●チャーハン
*具は焼豚、赤ピーマン、キャベツ、玉ねぎ。
 ご飯を卵液(卵、酒、胡麻油、粉末だし)で絡め、
 胡麻油で具材と一緒に炒める。
 仕上げに醤油と胡椒を加える。

●刺身盛り合わせ
*市販品。

●トマト&大根&水菜のサラダ

●胡麻風味の味噌汁
*具はほうれん草&玉ねぎ&しめじ。

●スライスたくあん
*市販品。

●アルコール
*夫は缶発泡酒、私は缶チューハイ。

後になってから気づいたけど、
チャーハンと刺身の組み合わせってヘンだったかなあ…(笑)。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理