So-net無料ブログ作成
検索選択

「名探偵登場 1」 [*読書ノート(海外)]


名探偵登場 (1) (Hayakawa pocket mystery books (250))

名探偵登場 (1) (Hayakawa pocket mystery books (250))

  • 作者: 早川書房編集部
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1956/02/29
  • メディア: 新書


イマジカBSプレゼント企画で当たったポケミス限定復刻版を読了。

エドガー・アラン・ポーコナン・ドイルらによる、名探偵もの古典短編小説集。
よく考えたら、推理小説って、小〜中学生の時に学校の図書室で読んで以来かも?
なので、読んでる間、なんだか新鮮だった。

収録作品は、
「探偵小説の濫觴」〈ダニエル、ヘラクレス〉
濫觴(らんしょう):物事の起こり。始まり。起源。
エドガー・アラン・ポー「モルグ街の殺人」〈デュパン〉
コナン・ドイル「まだらの紐(バンド)」〈ホームズ〉
ニコラス・カーター「ディキンスン夫人の秘密」〈ニック・カーター〉
アーサー・モリスン「レントン館盗難事件」〈ヒューイット〉
M・P・シール「S・S」〈プリンス・ザレスキー〉
バロネス・オルツイ「ダブリン事件」〈隅の老人〉
ジャック・フットレル「失くなったネックレース」〈思考機械(シンキング・マシン)〉
ロバート・バー「遺産の隠し場」〈ヴァルモン〉
オースティン・フリーマン「文字合わせ錠」〈ソーンダイク博士〉

中でも印象に残ったのは、M・P・シール「S・S」
文章は一番読みづらく難解だったものの(謎解きのくだりは、正直イマイチ理解できてない…笑)、
他の話とは一線を画する、異色な雰囲気に満ちてるもんで。
119年も前(1895年)の小説だけど、某宗教団体の「地○○サ○○事件」に通じる恐怖を感じた。

ポケミス復刻本_名探偵登場1.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。